レトロフィットによる既存の大型ダンプトラックの土砂運搬の自動化

 NEDO「次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発」プロジェクトにおいて、東北大学、(株)佐藤工務店、千葉工業大学、コーワテック(株)、三洋テクニックス(株)が開発した、地方中小事業者の土木建設現場の土砂運搬を自動化するレトロフィット技術を紹介します。

 建機のレトロフィットとは既存の建機を改造して自動運転などの新式の機能を付加することです。本技術の特徴は、後付け運転ロボットやセンサボックスを自社保有/レンタルの既存の大型ダンプトラックに装着することで土砂運搬を自動化することであり、これにより部分的な自動化を求める中小事業者に貢献します。

 後付け運転ロボットを装着することで建機を遠隔操縦または自動運転が可能な状態とし、加えて、人間が運転するバックホウと連携して土砂の積載を行うための人間―機械連携の知能や、山間部での安定した測位に貢献する衛星選択技術を搭載したGNSSモジュール、LiDAR搭載ドローンを利用した3次元計測技術も紹介します。