現場の”モノ”金型、予備品、中間品(仕掛品)、そして”ヒト”作業員動線と作業の”見える化”を実現

 製造業でのスマートファクトリー、IoT、AIと言ったデータの活用が求められる中、現場ではまだまだ情報化されていない現実が多すぎます。

 金型、予備品、中間品(仕掛品)が必要な時にすぐに見つからないといった課題、場所は常に一定とは限らず、属人化し、モノを探すのが困難な状況になる場合も多く「就業時間中に最もロスが多いのは、モノを探す時間」とも言われています。

 そこでお客さま工場に近い全国約300か所のサービス拠点から弊社エンジニアがITで培ったノウハウを元に、棚卸しで始まる見える化を実現。更に屋内位置測位技術などを活用した”モノ(中間品/仕掛品)”の「さがさない化」、”ヒト(現場作業員)”の「見える化」により生産性効率化や働き方改革を支援します。