データやデジタル技術の活用が企業の競争力を大きく左右する時代になった。「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉は、毎日のように耳にするほどだ。だが、実践できているのはごく一部の先進企業に限られ、多くの企業は「どこから手を付ければいいのか分からない」と悩んでいる。

 ほとんどの企業に共通するDXの第一歩は「クラウド移行」だ。大量のデータを柔軟に扱えるようになるし、最新のデジタル技術を実装の手間をかけずに利用できる。また、すぐに利用を開始でき、不要になったら利用を止められる点もDX向きだ。サーバーを資産として持つと、それが試行錯誤の足かせになってしまう。

 ただ、クラウド移行は全社的な取り組みになると厄介な課題もある。どのクラウドサービスを選ぶのか、既存システムをどう移行するのか、利用部門の抵抗を受けないか、社内人材をどう育成するのか――。以下の記事では、課題を乗り越え、クラウド移行を成功させる最良の方法を多面的に解説する。