インフラ整備

新着

  • 超高速DB「NoSQL」が普及へ

    データの加工はアプリケーション頼み

     NoSQLは、大量データを高速に入出力する機能に特化している。そのため、取り出したデータから必要なデータを検索したり、集計してグラフ表示に利用したりといった加...

  • 超高速DB「NoSQL」が普及へ

    一長一短があるNoSQL

     情報システムでは、様々な構造のデータを扱う。RDBだけで処理していた時代は、表とその関連付けをデータごとに設計することで対処していた。NoSQLとRDBが存在...

  • 超高速DB「NoSQL」が普及へ

    大量データの高速処理に向く

     分秒を争うデータ処理の現場で、NoSQLと呼ばれるデータベース(DB)の利用が増えている。NoSQLは、Not Only SQLの略。SQLで操作するDB、す...

  • クラウド先進事例に見るPaaS/IaaSを選んだ理由

    「社内」と同じことができるIaaS型サービス

     仮想マシンを自由にコントロールできるIaaSは、どのサービスも既存システムとの高い互換性を備える。各IaaSのサービス内容は、運用管理機能や信頼性、サポートサ...

  • クラウド先進事例に見るPaaS/IaaSを選んだ理由

    不可能を可能にするPaaS型サービス

     PaaSに関しては、グーグルの「Google App Engine」、セールスフォース・ドットコムの「Force.com」と「Heroku」、マイクロソフフト...

  • クラウド先進事例に見るPaaS/IaaSを選んだ理由

    自前のアプリも動く「PaaS型」「IaaS型」躍進

     PaaS、IaaSを使いこなすポイントが、ユーザー事例から見えてきた。各サービスの特徴を上手に生かすことで、従来は実現不可能だったような拡張性に富んだシステム...

  • セキュリティ、ここが不安

    SPやパッチを適用できないパソコンのセキュリティを確保する

     今回は以前に紹介した「実録!コンピュータウィルス駆除大作戦」の続編をお届けしたい。前回は、1カ月間に渡って蔓延したウィルスを何とか駆除し、再発防止策として短期...

  • インタビュー

    「仮想iSCSI」で中小規模向けのストレージ分野を開拓する

     IT分野に押し寄せる仮想化の波は、当初のサーバーやネットワーク機器といったノードレベルから、最近では周辺機器などのデバイスレベルにまで到達し始めている。こうし...

  • Hyper-Vでサーバー仮想化

    SCVMMで仮想マシンを一元管理

     今回はHyper-Vを管理するためのツール「System Center Virtual Machine Manager 2008 R2」の新機能を中心に紹介す...

  • Hyper-Vでサーバー仮想化

    Hyper-V 2.0の新機能を見る

     Hyper-V 2.0では、IntelのEPT、AMDのRVIといった「第二世代のハードウエアの仮想化支援機能」が利用可能となり、パフォーマンスが向上した。ま...

  • Hyper-Vでサーバー仮想化

    Hyper-Vをインストールし仮想マシンを設定する

     今回は、Hyper-V機能をWindows Server 2008 R2へインストールし、その後、仮想マシンを作成して実際に仮想OSの動作確認を行うまでの流れ...

  • Hyper-Vでサーバー仮想化

    Windows Server標準の仮想化機構が進化

     「Hyper-V」は、マイクロソフトの仮想化テクノロジの一つで、Windows Server 2008の標準機能として組み込まれている。Hyper-Vは単独で...

  • 事例

    6割のサーバーをクラウドに集約へ

     サントリーグループは新たにプライベートクラウド基盤を構築し、既存の業務システムの一部を移行させた上で運用を開始した。これを皮切りに、業務システムが稼働している...

  • 事例

    通信コスト増を避けて物流BCPを実現、衛星回線の弱点をアプリ仮想化で克服

     食品流通で国内最大手の国分は2010年10月、大規模な自然災害が発生しても物流システムを止めないための災害対策ネットワークを完成させた。物流システムを設置した...

  • 事例

    集約率高い仮想クライアントシステムを構築

     ニッセイ情報テクノロジーは大規模なシンクライアントシステムを構築し、2010年10月1日から利用を開始した。アプリケーションを仮想クライアントのサーバーに配信...

  • ソリューションクローズアップ [クラウド環境での負荷分散]

    仮想化対応と可用性が要件のポイント、機能はコストと性能から取捨選択

     サーバー負荷分散装置には様々な種類がある。先駆けはTCP、UDPなどのトランスポート層(レイヤー4)で負荷分散を行うレイヤー4スイッチ。そして、HTTP、FT...

  • 仮想化を阻む壁

    縦割り組織が邪魔をする

     仮想化の全社導入を阻む第3の壁は、IT部門内にある「縦割り組織」である。仮想化環境では、リソースプールを大きくすればするほどリソースの利用効率が高まる。しかし...

  • 仮想化を阻む壁

    現場が仮想化を望んでいない

     仮想化を阻む2つめの壁は、実は「開発現場が仮想化を望んでない」ということ。これは現場によりけりだが、そういうケースは少なくない。 まず、仮想化技術に対する現場...

  • 仮想化を阻む壁

    仮想化は本当に安いか

     「仮想化は本当に安いのか?」――。経営層にこう思われてしまうと、仮想化環境の全社導入は進まなくなってしまう。これが仮想化を阻む第1の壁だ。その背景には、仮想化...

  • 仮想化を阻む壁

    なぜか仮想化の全社導入が進まない

     サーバー仮想化はずいぶん普及したと思われているが、実は全社規模での導入はあまり進んでいない。なぜなら、経営者サイドと開発・運用現場の両方に、「仮想化を阻むカベ...