ビジネスユーザーが感じていた Chromebook への「壁」

 企業ITでも当たり前になってきたモバイルとクラウドの活用。リモートワークを軸とした働き方改革への取り組みも、この流れを加速している。これに伴い大きな課題になっているのが、端末のセキュリティ確保と管理性の向上だ。これらを両立する方法として有力な解となるのが、Chromebook™ の採用である。

 その理由はいくつかある。まず Chromebook のようなクラウドデバイスであれば、セキュリティを担保しやすい。その理由の1つに端末にデータが格納されないため、社外に持ち出して紛失した場合でも、情報漏えいの危険性を最小限に抑えられるからだ。

 管理性も高い。Web化されたアプリケーションであれば Chrome ブラウザだけで完結でき、アプリケーションを導入する必要もない。また、ソフトウエアも常にアップデートされ、そのポリシーもWaaS化されたWindowsの複雑なポリシーに比べてシンプルであり、更新スピードも速い。クラウドの存在を前提にした場合には、大きな優位性があるわけだ。

 しかしこれまでの企業ユースでは、Chromebook はそれほど浸透してこなかった。その最大の理由は、Windows PCに慣れ親しんできたユーザーにとって、いくつかの「壁」があったからだ。

 その1つとして挙げられることが多いのが、キーボード配列の違いだ。Chromebook にはファンクションキーやデリートキー、言語切り替えキーがないため、これらの存在を前提とした操作には馴染みにくかった。また、フルHDのディスプレーを装備した製品が少なかったことも、Chromebook への移行のハードルになっていた。

 しかしこのような問題を解消し、ビジネス用途で Chromebook が本格的に活用できる時代が到来しつつある。これを可能にしたのが「Dell Latitude Chrome Enterprise 」の登場だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。