災害大国と呼ばれてきた日本。最近は地震だけでなく、異常気象による被害も、年々深刻になりつつあり、自然災害による被害を予測することは容易ではない。企業を襲う危険は自然災害だけではなく、近年ではランサムウェアなどによるサイバー攻撃が非常に増えており、攻撃によって一時的に業務が停止状態に陥ったり、高額な身代金を要求される事例も報告されている。

 自然災害やサイバー攻撃から企業活動を守るには、事業継続の一環としてディザスタリカバリ体制の構築が必須だ。特にサイバー攻撃ではデータのバックアップを日々取得することが重要で、取得したバックアップデータをクラウドなどリモートサイトにも保持することで、より安全性を高めることができる。しかし、近年データが爆発的に増加していることにより、バックアップの運用について見直す必要があると言われている。そこで、今注目されているのが、オンプレミスからクラウドまで幅広いシステムに対応し、バックアップデータを削減することでバックアップ運用を効率化する、ソフトウェアベースの重複排除ソリューションだ。企業活動を守る最適解とはなにか?クエスト・ソフトウェアの中島孝一氏と藤島未央氏に話を聞いた。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。