RPAによって業務を自動化させ、効率化することによって人手不足の解消、クリエイティブな業務に人的リソースを集中させることに多くの企業が注目している。

 しかし、RPA製品を実際に導入する企業は多くても、本当の意味でRPAを活用できている企業は少ないという話も聞く。

 「RPAを活用して業務負担を軽減するためには、IT部門、開発者、ビジネスユーザーの3者が使いやすく、ロボットを次々と作り出して業務を任せられるようにしなければなりません」とオートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 シニア セールス エンジニアの秋本尚吾氏は話す。RPAを導入しても活用できない企業が抱える課題、RPAの活用やスケールアップを進めるための秘訣を秋本氏にうかがった。

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社
シニア セールス エンジニア
秋本尚吾氏

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。