従来の仮想デスクトップにあった課題を払しょくする方法は

 ここ数年で、企業の働き方改革が急速に進んでいる。その働き方改革を支える技術として、注目されているのが「仮想デスクトップ」だ。仮想デスクトップは、OSやアプリケーションなどの業務で活用するデスクトップ環境を仮想化し、サーバー側に集約して実行する技術。自席で利用している業務環境がそのまま自宅や外出先でも利用できるなど、柔軟な働き方が可能になるため、業務の生産性向上や多様な働き方を実現する上で注目されているわけだ。

 しかし、こうしたメリットがある一方で、スケーラビリティや運用・管理性、利便性の限界といった観点が指摘されることもあった。例えば、機器の調達や複雑なシステム構成がボトルネックとなり、システムの拡張が柔軟に行えないといったケースはその1つだ。またアクセスが集中して処理速度が低下する「ログオンストーム」や、起動時間やアプリケーションのタイムラグ、あるいは外出先に持ち出せないアプリケーションが残るといった声を聴くことも少なくない。

 こうした課題を乗り越えるために、新しい取り組みに挑戦しているのがSOMPOグループの中核会社である損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)だ。同社では、保険会社間の競争激化への対応と、働き方改革を進める上での従業員の利便性向上、さらなるセキュリティ強化を実現するため、シンクライアント環境「SOMPOライン」を構築。2万3000ユーザーを対象とした仮想デスクトップ環境の整備により、高効率かつ柔軟なテレワークの実現と攻めの経営戦略を加速させている。

 次ページ以降では、損保ジャパン日本興亜が抱えていた課題やそれを払しょくするための仕組み、さらには働き方における成果について紹介したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。