Windows ServerだけでHCIが実現できる製品が登場

 クラウドサービスの活用は、もはやIT戦略の常識と言っても過言ではない。業務アプリケーションにSaaSを活用したり、開発やバックアップ基盤にPaaSやIaaSを活用したりするケースが増えている。

 しかし、すべてのオンプレミス環境をクラウド化するのは難しい。企業内には外部に出せない重要データも数多くあるからだ。データベースのように大量のトランザクションを処理するシステムは、かえってコスト負担が高まることもある。

 こうした背景から、用途や目的に応じてクラウドとオンプレミスを使い分ける「ハイブリッド化」が主流になりつつある。しかし、そうなるとオンプレミスとクラウドという異なるインフラの管理が必要になる。管理の負担は必然的に高くなる。

 このジレンマを解消するソリューションとして注目されているのが「HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)」だ。HCIは、従来の外付けストレージを使わないソフトウエア定義ストレージ(SDS)ベースの仮想化基盤。インフラの構築と管理が容易になり、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携も可能になる。

 しかし、Windows Serverを利用するユーザーにとって、HCIはハードルの高い存在だった。従来のHCIをHyper-V環境で使おうとすると制約が多く、統合インフラとしてのメリットを打ち出すのが難しいからだ。追加のライセンスフィーがかかり、コストメリットも半減する。

 そうした中、この課題を解消する画期的なソリューションが登場した。それが「Microsoft Azure Stack HCI(以下、Azure Stack HCI)」である。検証済みのハードウエアで構成するWindows Server 2019ベースのHCIだ。Windows Server 2019の標準機能だけでHCIを実現できるため、従来のHCIと比べてコストメリットが非常に高い。マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」との親和性も高く、オンプレミス/クラウド間の仮想サーバーの移行やワークロードの実行もシームレスに行える。

日経BP総研
イノベーションICTラボ
上席研究員
ビジネスAIセンター長
森側 真一

 このAzure Stack HCIは、Windows Serverユーザーにどのようなインパクトをもたらすのか。選択する際は何を重視すべきか。日経BP総研の森側 真一が、Azure Stack HCIの主力ベンダーのキーパーソン2人に話を聞いた。























この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。