製造業のIoT活用に立ちはだかる課題とは

 日本のものづくりの強みの1つは、長年の経験やノウハウに基づく現場力だ。しかし、人手不足や熟練者の高齢化、働き方改革やリードタイムの短縮化などが求められる中、これまでのやり方で、その現場力を維持・向上していくのは難しい。

 その一方で、ドイツのインダストリー4.0に代表される海外製造業の新たな取り組みに対し、競争力を維持しつつ、世界規模のエコ・システムに対応するといったプロセスや仕組みの整備も求められている。

 こうした課題を解決する手段として注目を集めているのが、IoTをはじめとするデジタルテクノロジーの活用だ。工場や生産プラントなどのデータを収集・分析・活用することで、生産性の向上、機器の予防保守、トレーサビリティ実現による品質向上、新サービスや製品の創出など、幅広いメリットが期待できる。

 しかし、実際にIoTを活用し、バリューチェーンを高度化しようとすると、様々な課題が立ちはだかる。例えば企業間のデータ流通に関わるルールや手段、外部サービスとの連携、既存の機器やシステムと接続するためのインターフェース、さらに冒頭でも述べた労働力不足や技術伝承もあるだろう。

 現場にある様々なデータを収集する仕組みを構築したとしても、それをどう整備し、新しいビジネスモデルに活用していけばよいのか――そうした人材やノウハウがないのが、多くの企業の実情だろう。

 こうしたIoT実践にまつわる課題を解消するために、どのような仕組みが求められるのだろうか。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。