ハイブリッド化は、システム部門の負担を増大させる要因に

 企業システムの形が大きく変化しつつある。社内で構築・運用されるオンプレミスシステムに加え、パブリッククラウドの利用が進み、システム全体がハイブリッド化している。安定性や堅牢性、高いデータセキュリティが求められるシステムはオンプレミス、迅速にサービスインして柔軟に拡張したいシステムはクラウドといった使い分けが進んでいるわけだ。

 このようなハイブリッド化は、システム部門の負担を増大させる要因になりつつある。オンプレミスとクラウドでは運用モデルやスピード感などが大きく異なっており、両者をカバーしたIT戦略の立案やシステム運用のためには、従来よりも広範な知識とスキルセットが必要になるからだ。

 また最近では、迅速なサービスインのためにクラウド上に構築したシステムを、オンプレミスに戻して運用したいというニーズも増えている。しかしオンプレミスはクラウドに比べて堅牢性やセキュリティに優れている一方で、デプロイや拡張に時間がかかり、運用コストも高い傾向にある。その結果、オンプレミスとクラウドとで運用が分断してしまい、システムの適材適所での配置が難しくなっているケースが少なくない。

 このような問題を解決するには、オンプレミスの運用をクラウドと同レベルまで簡素化・迅速化することが必要だ。これによって運用の壁を解消することで、システム全体の自由度は大きく高まることになる。

 そのためのアプローチとして有効だと考えられているのが、インフラ構成のコード化(Infrastructure as Code)によって「これまで人の手で行われていた各種設定作業を自動化する」というアプローチである。

 しかしこれもいくつかの問題を抱えている。まず自動化の仕組みを構築しなければならず、そのための知識や構築作業が必要になる。また、ハードウエアによってはAPIによる設定が不可能なものもあり、部分的な自動化しか実現できないケースも少なくない。さらに、自動化ツールのバージョン管理も煩雑だ。ここで不整合が発生してしまうと、インフラ全体に影響を及ぼしてしまう。それでは、どうすれば問題を根本的に解決できるのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。