実践的なスキルの習得にはプロ仕様のマシンが不可欠

 あらゆる分野におけるデジタル化が加速している。映像やデザインなどのコンテンツ分野も例外ではない。CG・動画、アニメーションなどの制作に携わるクリエイティブ業務においても、様々なデジタルツールを操れるクリエイターのニーズは、以前にも増して高まっている。

 そうした次世代のクリエイターの育成に力を注ぐ教育機関の1つが、1947年に創立し73年の歴史を持つ日本工学院専門学校(以下、日本工学院)だ。日本初のテレビ本放送が開始された1953年に「日本テレビ技術学校」を設立。テレビ放送の黎明期から業界の最先端で活躍する技術者を講師として招くなど後進の育成を進め、日本のテレビ放送の発展に貢献するほか、様々な分野でクリエイターを世に送り出してきた。

 創設60周年となる2007年にはカレッジ制を導入。現在は蒲田と八王子の両校にクリエイティブ分野からスポーツ分野までカバーする6カレッジ34学科104の専門分野を有し、“若者の夢を叶える”総合専門学校として、多方面の業界で活躍する有能な人材を数多く輩出している。

日本工学院専門学校

 同校の中でCG・映像クリエイターを育成する学科が「デザインカレッジ CG映像科」である。モデリングやアニメーション、VFXといった領域における、即戦力の人材を育成している。その大きな特色の1つは実践的なカリキュラムによる技能教育に力を入れている点だ。

 例えば、映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』の日本人モデラーとして知られる糸数 弘樹氏、世界的ゲームコンテンツメーカー・米Blizzard Entertainment社で活躍するシネマティックアニメーターの小池 洋平氏など第一線のクリエイターが講師として招かれ、後進の指導に当たっているという。

日本工学院専門学校
デザインカレッジ
CG映像科
細川 一弘氏

 「様々な映像ジャンルで活躍するためのCG・映像スキルの習得を目的に、企業との共同研究やインターンシップ、学内外に向けた多彩な作品発表を設けるなど、クリエイターに必要なスキルを教えています」と話すのはCG映像科の教員、細川 一弘氏だ。

 また、制作環境にも並々ならぬこだわりを持っている。「CG・映像の制作や編集作業をスムーズに行い、なおかつ最先端の技術を習得するためには、プロ仕様の機材が豊富にそろう実習環境が必要不可欠だと考えているからです」と細川氏は語る。即戦力のクリエイターを輩出するために、同校ではプロ仕様の制作環境をどのように整備しているのだろうか。次ページ以降でその概要を紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。