テレワークソリューションの選定、後悔しないためのポイントは?

 働き方改革の進展に加え新型コロナウイルス問題により、テレワークの導入が喫緊の課題だ。しかし、急いでいるからといって、テレワークソリューションを吟味せずに導入して後悔する事態は避けたい。この緊急事態だからこそ企業が重視すべきポイントをシトリックス・システムズ・ジャパン(以下、シトリックス)の永長純氏は、「セキュリティを維持しながらIT部門の負荷を軽減し、ユーザーの利便性を損なわないこと。そして将来的なデジタルトランスフォーメーション(DX)を可能にする拡張性も重要なポイントです」と語る。

 テレワークで端末が外部に持ち出されると、IT部門はセキュリティやガバナンスの担保など、新たに考えるべきことが急増する。新しい仕組みを安全に運用するだけで手一杯なところに、新ソリューションに対する問い合わせ対応ものしかかってくるのだ。さらにリモートでの対応はユーザーの状況把握が困難な上、説明も伝わりにくく時間がかかるため、IT部門が疲弊してしまう。

 ユーザーの利便性で最大の問題は、パフォーマンス。リモートアクセスを検討する際必ず候補に挙がるVPNは、パフォーマンスが低下しやすいという課題を持つ。パフォーマンスを上げるにはネットワークの増強が必要となり、コスト負担が大きく時間もかかる。さらに永長氏は、「VPNは使えないアプリケーションもあり、周知に手間がかかる上、ユーザーの混乱を招きやすい。また装置の導入が必要で、ルーティングやファイアウォールの設定変更も必要です」と指摘する。

 それでは迅速な導入が可能で、将来的なDXまで可能にするソリューションとは、どのようなものなのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。