新型コロナウイルスの感染対策のためテレワークが喫緊の課題に浮上し、多くの企業がテレワークへの移行に困惑しているだろう。だが、きちんと足場を固めないテレワーク環境は、情報漏えいのリスクを高めることになりかねない。急を要する事態であっても、セキュリティー対策は、決しておろそかにしてはならないポイントである。喫緊の状況ではあるが、むしろ理想的なテレワーク環境を実現していくためのきっかけとしたい。

 新型コロナウイルス対策として、政府は緊急事態宣言の対象地域の企業に対して「出勤者を最低7割は減らすこと」を要請した。これに沿うためには、これまでオフィスで行っていた仕事を原則、自宅で行えるようにする必要がある。

 そこで急遽、社外利用を想定していないPCを仕方なく自宅に持ち帰らせている会社もある。会社で使用するデータが入ったPCを持ち出すリスクを抱えたままだ。一方、社内でデスクトップPCを利用している社員は、PCを持ち出すこと自体が困難という問題もある。

 どうすれば、この課題を乗り越えることができるのか――。実は画期的な解決策がある。それは社員が自宅で使っているPCを、容易かつ一時的に仕事用のシンクライアント(本体内にデータを残さない端末)として活用する方法である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。