働き方改革を主な目的に導入が進んできたテレワークだが、新型コロナウイルスのパンデミックに伴い、事業継続の観点からも急務となっている。ただ、これまで一部で整備を進めてきたVDI(仮想デスクトップ)やVPN(仮想専用線)などのリモートアクセスの環境を、一気に全社員向けに拡大するのは容易なことではない。そこで求められるのは、既存の社内システムに手を加えず、安全性と利便性を確保しながら、迅速にテレワークを開始できるシンプルなクラウドサービスに他ならない。

 多くの企業が働き方改革の一環としてテレワークに乗り出しており、自宅や出先からもリモートアクセスで会社のさまざまな情報システムを利用できるVDIやVPNなどの環境整備を進めてきた。そして育児や介護のために時短勤務中の社員など、利用者が少数のうちはこのリモートアクセスの環境が快適に機能する。

 ところが、その対象をフルタイム勤務の全社員にも拡大するなど利用者が増えると、VPN回線がひっ迫してリモートアクセスのレスポンスが低下するといった、さまざまな問題が露呈してくる。

 これが一気に顕在化したのが、新型コロナウイルスのパンデミックだ。感染リスクを回避するためにすべての社員を在宅勤務に移行したいところだが、一人ひとりにVDI環境を用意するには膨大なコストがかかり、システム構築にも長時間を要してしまう。社員が個人所有しているPCやタブレットなどのBYOD(私物端末の業務利用)の利用は情報漏えいなどのセキュリティーが懸念される。

 急を要する非常事態でありながら、環境整備がなかなか追いつかないのが実情だ。もっと安価で、かつ短期間で導入し、シンプルに運用できるリモートアクセスソリューションはないものだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。