既にデータを保管・提供するだけでは十分ではなくなったストレージ

 データドリブン経営が、グローバルな標準となりつつある現在、データを保管・提供するストレージへの要求も大きく変化しつつある。

 従来のストレージは、多様なデータを確実に保管するとともに、収集したデータを高い信頼性で効果的、効率的に提供することが求められた。その重要性は現在でも変わらない。しかしこれだけでは十分ではなくなってきているのだ。

 多彩なデータから、より早く、より深く、継続的にインサイトを引き出すには、より低い運用負担でデータ活用の俊敏性を確保しつつ、RDB、SAPだけでなく、コンテナといった新たなワークロードへの全方位的な対応や拡張性、エッジ/コア/クラウドへの適用性も実現しなければならないからだ。そのためには、運用やデータアクセスの簡素化、操作性の向上や一貫性などを実現し、長期化間にわたり確約していくことが求められるようになった。

 これらの要求への対応を、ミッドレンジストレージの世界で実現するために登場したのが、Dell Technologiesの「PowerStore」だ。

 同社はご存じのとおり、2016年9月にDellとEMCが経営統合して誕生したグローバルなIT企業グループ。両社がそれぞれミッドレンジストレージ製品を提供していたこともあり、Dell EMC UnityやDell EMC SCシリーズ、Dell EMC XtremIOといった、複数のラインアップを展開している。PowerStoreはこれらの製品が持つ特徴的なテクノロジーや、これまでのユーザーからのニーズを反映して開発された、まったく新しい次世代のミッドレンジストレージ製品である。

 しかし単にラインアップが1つ増えただけ、と捉えるのは誤りだ。 PowerStoreは2030年を見据え、根本からアーキテクチャを見直し、ストレージ部門のエース級開発者を集めて開発が進められてきた「今後のミッドレンジストレージのトレンドを牽引する可能性を備えた、極めて戦略的な製品」なのだという。

 それでは具体的にどのような特長を備えているのか。そのコンセプトや具体的な機能について紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。