「意外と生産性が上がらない」「むしろ生産性が低下している」と感じるのはなぜか

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環として、急速な広がりを見せている在宅テレワーク。必ずしもすべての業種で在宅勤務が可能だというわけではないが、テレワーク可能と判断した企業の中には今回のコロナ禍が収束した後も、テレワークを継続したいという意向を持つところが少なくない。パンデミックが働き方そのものを大きく変革する起爆剤となったわけだ。

 在宅勤務はメリットも大きい。従業員はラッシュアワーに揉まれることなく仕事を始めることができ、ウイルスへの感染を防止できるのはもちろんのこと、通勤に費やされてきた無駄な時間を削減できる。また企業側もオフィスコストなどを削減でき、生産性向上にも期待がかかる。

 しかし、実際に在宅勤務へとシフトした人の中には、「意外と生産性が上がらない」「むしろ生産性が低下している」と感じているケースも少なくないようだ。その背景としては各家庭が抱える個別の事情もあるが、共通している要因も存在する。それは在宅勤務で使っている端末環境が、それまでオフィスで使っていたものに比べ、大きく見劣りしているという点である。

 在宅勤務で使用されている端末の多くはノートPCだ。その中には会社から支給されたものもあれば、自宅で使っているものをそのまま流用するケースもあるだろう。ここで問題になるのはこれらのノートPCの画面が、オフィスに導入されているデスクトップPCに比べ、かなり小さいということだ。画面が小さければ表示できる情報も限られてくる。Web会議をしながら資料を閲覧し、さらに検索も行うといったことは、決して簡単ではないはずだ。

 またデスクトップPCに比べて拡張性に乏しいことも、ノートPCの大きな弱点だといえる。USBマウスやポータブルSSDを接続したら、それ以上周辺機器が接続できないという製品も多い。

 在宅勤務をこれからも継続していくには、このような「生産性低下の要因」を今のうちに解消しておくべきだ。それでは具体的に、どのようなアプローチが合理的なのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。