意外とイメージしにくいブロックチェーンの活用方法

 デジタルトランスフォーメーション(DX)をドライブする新技術は多岐にわたるが、その1つとして注目を集めているのがブロックチェーンだ。

 ブロックチェーンとは、複数のトランザクションデータをブロック単位にまとめた上で、暗号技術を使って鎖(チェーン)のように時系列につなげて保存する技術。ネットワーク上の複数のコンピューターによって検証されながら蓄積・保持されるため、特定組織の中央集権的な管理によらず、データを安全・低コストに管理することが可能になる。

 活用例としては、ビットコインに代表される暗号資産(仮想通貨)取引や、それを活用した送金システムなどが登場している。第三者による改ざんのリスクを抑えたセキュアな金融サービスが実現できる点は、まさにブロックチェーンならではといえるだろう。

 一方、実はそれ以外にもブロックチェーンは幅広いビジネス領域で活用できる。ブロックチェーンの特性には、紹介した「耐改ざん性」に加え、「トレーサビリティ(追跡可能性)」「透明性(情報共有)」がある。これらを生かすことで、「特定の情報を追跡・管理する必要がある業務」や、「複数の企業で正確な情報を共有する必要がある業務」などに適用できるのだ。

 とはいえ、すぐに具体的なアイデアを思いつく企業は少ないだろう。ブロックチェーンは汎用性の高い技術ゆえ、ビジネス適用の形を想像するのが難しい。この点が、なかなか活用が広がらない一因といえる。

 そこで今回は、いくつかのユースケースを基に、DXを加速させるブロックチェーン活用のヒントを提案したい。キーワードは「チケット」だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。