No.1ベンダーに聞くストレージ管理の「課題」と「解決策」

 コロナ禍を機に、業種・業界を問わずデータ活用が本格化しつつある。生活や働き方、ビジネスプロセスなどが一変した現在、データを分析・活用することで新しいニーズに機敏に対応したり、新たな事業モデルやイノベーションの創出につなげていこうとしたりする機運が高まっているのだ。

 しかし、その実現は一筋縄ではいかない。というのも、データ活用を加速するためには、「データ管理を適切に行うこと」が前提となるからだ。特に企業内のデータ管理では依然として、オンプレミスのストレージが重要な役割を担っているが、その運用管理に課題を抱えているケースが少なくない。

 ストレージ容量は爆発的なスピードで増加している一方で、これに関する専門的な知識を持った管理者を確保することは簡単ではない。また、製品には当然ながら寿命があり、その更新時にはデータ移行が必要になる。そのための作業を最小化することも、管理者の負担軽減やリスク回避において、重要になるといえるだろう。

 その一方で、データ活用によってDX(デジタル変革)を推進していくには、その基盤となるストレージには高い可用性や信頼性も求められる。さらに、ユーザー体験を高め続けるには、アプリケーションを高速に動かせる高い処理能力も必要だ。

日経BP総合研究所
フェロー
桔梗原 富夫

 このようにストレージへの要求が多様化・高度化している中、DXで最も広く使われるミッドレンジストレージ市場で、2年連続No.1(※)と評価されてきたのがデル・テクノロジーズ製品である。

 なぜデル・テクノロジーズの製品は、多くの企業から高い評価を受けているのか。その設計思想や注目すべき機能などについて、日経BP総合研究所 フェローの桔梗原 富夫がキーパーソンに聞いた。

※出典:IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker
2020Q3, 2019Q4 – 2020Q3 Share by Company

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。