イノベーションの一環としてi-Constructionを推進

 ICTやデジタル技術を活用してビジネスを変革する。これはあらゆる業界にとって不可避のテーマである。社会・経済や事業を取り巻く環境が大きく変わろうとしているからだ。少子高齢化が進展する中、これまでのやり方では成長は見込みにくい。

 多くの産業の中でも労働集約的な作業が多く、慢性的な人手不足を抱える土木・建築業界はその代表例だ。

 国もこの取り組みを後押しする。国土交通省はICTやデジタル技術で建設生産システム全体の生産性向上を図り、土木・建築業界の魅力度アップを目指す「i-Construction」を推進。業界横断で新しい技術開発を目指す取り組みも活発化してきた。

 グループ理念である「Changes for the Better」を軸に、変革を続ける三菱電機もi-Construction推進に賛同する企業の1つだ。

三菱電機株式会社<br>ビジネスイノベーション本部<br>ビジネスイノベーション統括事業部<br>プロジェクトリーダー<br>宮本 高明氏
三菱電機株式会社
ビジネスイノベーション本部
ビジネスイノベーション統括事業部
プロジェクトリーダー
宮本 高明氏

 「若い人や女性でも働きやすく、やりがいを持って仕事に取り組めるようにする。これは重要な社会課題の1つです。ICTやデジタル技術を活用し、土木・建築作業を変革できれば、その課題解決につながると考えました」と話すのは、三菱電機の宮本 高明氏だ。

 今年2月には鉄筋を配置し組み立てる「配筋」の状態をAIで検査するソリューションの提供を開始した。配筋検査は鉄筋コンクリート造の“基礎部分”にズレや間違いがないかをチェックする極めて重要な作業である。手間と時間のかかる検査作業を大幅に省力化し、少ない労力で高精度な検査が可能になる。次ページ以降ではこのソリューションがもたらす価値と開発の舞台裏をひもとき、三菱電機グループのイノベーション戦略を紹介していく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。