「どのシステムをクラウドに移行するべきか、判断がつかない」

 「オンプレのサービスレベルを維持しながらクラウド環境へ移行したい」

 柔軟なインフラとして活用できるクラウドやハイブリットITが注目される一方で、多くの企業がどのようにインフラを構成していけばよいかに悩み、複雑化・高度化していくクラウドサービスからどれを選べばよいかを迷っているのではないだろうか。

 企業の価値向上のためにクラウドシフトを掲げてITインフラを刷新する動きは、新型コロナウイルス感染拡大によってさらに加速化し、多くの企業がどのようにクラウドを活用するかを検討し始めている。その動きは、業務システムのみならず、基幹システムにまで広がっているが、前述のような悩みを抱えるがゆえに一歩を踏み出せない企業が多い。

 柔軟で可用性が高く、ビジネスや環境の変化に迅速に対応できるITインフラを整備することは急務となっている。

 そんな中、ITインフラの診断・分析を無償で行い、個社に最適なインフラ環境をレポートしてくれるサービスが注目を集めている。サービスの詳細について、次ページから詳しく解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。