ダウンロード数6800万超、急成長する「ABEMA」

 1998年の会社設立から20年以上を経て、サイバーエージェントは今も急成長を続けている。メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業が同社の三本柱。メディア事業の主力は、“新しい未来のテレビ”として展開する動画配信事業「ABEMA」(アベマ)である。

 ABEMAは多彩なジャンルをカバーする約20チャンネルを展開、24時間365日の配信を続けている。2016年4月の開局以来、5年余りでABEMAのダウンロード数は6800万を突破。WAU(Weekly Active Users)は1500万人を推移している状況である。とくに、スポーツやニュースなどライブコンテンツの人気は高いようだ。

 ただ、生番組を高品質かつ安定的に届けるのは容易なことではない。しかも、最新のテレビやスマ―トフォンを利用するユーザーの期待値は上がり続けている。現在と同じ画質では、1年後のユーザーを満足させられないかもしれない。野球やゴルフなどのスポーツ配信が増えれば、これまで以上に高いクオリティーの映像配信を求められるだろう。

 こうした課題意識をベースに、サイバーエージェント内でインフラ強化に向けたプロジェクトがスタートした。それが「SUPERBIRD」である。

 SUPERBIRDの中核を担ったのは3人のメンバーだ。「SUPERBIRD」プロジェクトの立案者でありABEMAの開発局でコンテンツ配信を担当する山中勇成氏、3事業のインフラを横軸で統括するCIU(CyberAgent group Infrastructure Unit)のマネージャーである篠原雅和氏、スタジオで映像品質管理やITを担当する近藤信輝氏である。

 ABEMAの生配信について、映像の品質や安定性の大幅向上を目指す「SUPERBIRD」プロジェクト。その中身について、次ページ以降で詳しく紹介しよう。

左から株式会社AbemaTV 開発局 コンテンツ配信チームの山中勇成氏、株式会社サイバーエージェント CIU Studio Team Studio Network Specialistの篠原雅和氏、株式会社サイバーエージェント スタジオ戦略室 テクニカルディレクターの近藤信輝氏
左から株式会社AbemaTV 開発局 コンテンツ配信チームの山中勇成氏、株式会社サイバーエージェント CIU Studio Team Studio Network Specialistの篠原雅和氏、株式会社サイバーエージェント スタジオ戦略室 テクニカルディレクターの近藤信輝氏

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。