テレワークの広がりに伴い、難題を突き付けられるPC管理

 コロナ禍でビジネスのデジタルシフトが進む中、テレワークによる働き方が広がりを見せている。テレワークは、アフターコロナの時代でも新しい働き方の1つとして定着していくだろう。

 一方で、これにより大きな影響を受けるのがPC管理(PCLCM/PCのライフサイクル管理)である。オフィスだけでなく、在宅でPCを利用する機会が増えたからだ。サテライトオフィスや従業員の自宅など、分散したPCの導入からキッティング、ヘルプデスク、故障対応などが求められる。

 また昨今はサイバー攻撃が巧妙化し、その感染リスクが高まっている。情報漏えいやシステムの機能不全が発生すれば、ビジネスは多大なダメージを被る。従業員に働きやすい環境を提供し、同時にセキュリティも確保する。これは企業に課せられた重要な使命といえるだろう。

 ところが、その実働を担うIT部門の多くは行き詰まっている。既存のITシステムの維持・管理に加え、最近はデジタルトランスフォーメーション(DX)をリードする役割も期待されているからだ。ビジネス部門はテレワークにシフトできても、IT環境を支えるIT部門はリモート化が難しいという事情もある。また経営からはPC管理が占めるオフィス面積や人的リソースについて指摘が入る場合も多い。

 しかもPCLCMは属人的で負担の大きい業務だ。そこへ多様な働き方への対応を求められると、その負担は雪だるま式に増えていく。これではIT部門の業務が立ち行かなくなり、DXの推進という経営の期待に応えることも難しい。

 こうしたPC管理の難題を解決し、IT部門が「守り」から「攻め」に転じるにはどのようなサービスを活用すべきなのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。