ITやデジタル技術の進歩によって、膨大なデータを収集して分析することで迅速で的確な意思決定を行えるようにする「データドリブン経営」などに注目が集まっている。また、IoTやAI、ビッグデータなど新たな技術を活用し、多様で大量なデータを収集・分析することで得られた情報、知識、価値を現実の社会問題の解決や産業活性化に活かす「データ駆動型社会」という考え方も生まれ、データ利活用によって社会変革を行う動きも出てきている。

 データ駆動型社会に向けては、しっかりとデータを収集・蓄積し、分析・活用できるデータ基盤を整備することが重要だ。データを適切に利活用すれば、新規ビジネスの創造、ビジネスチャンスの拡大、消費者や取引先の満足度の向上などのさまざまなメリットが生まれ、流通・金融などの経済取引におけるトランザクションコストの大幅な削減も見込まれるため、企業価値を上げていきたいと考える企業にとっては、データ基盤の整備は急務となっていると言ってもよい。

 増加し続けるデータを効率的に管理・運用してデータ駆動型社会を実現させるために、どのようなデータ基盤が必要で、どのように課題解決していけばよいかについて、考えていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。