困難だった「非構造化データ」の活用始まる

 ビジネスの環境は変化を続け、その変化についていく、その先を行くべくグローバルでの競争も激化し、これまで以上に新しいビジネスモデルや収益モデルが求められる今、DXの推進や業務の生産性向上が急務となっている。それらを実現する施策の1つとして、企画、開発、マーケティング、営業、基幹といった部門や業務ごとに縦割りに保管されてきたビジネスデータを集約することで情報の壁を無くし、自由に活用、気づきを得られる環境を整備する企業が増えている。また、コロナ禍や働き方改革でワークスタイルは大きく変化し、従業員がコロナ禍以前の働き方に選択肢の無い時代に戻ることもないと思われる。テレワークを始めとした多様な働き方は、新しいセキュリティの脅威をもたらすことにもつながっており、物理的に守られたオフィスやイントラネット内だけを守っていれば良かった従来型のセキュリティの考え方には限界が来た。事実、ランサムウエアやマルウエアといった新しい脅威に対しての対策を急いでいる企業も多いだろう。

 振り返ってこうした難題を引き起こした根本は何なのだろうかと考えると、業務データや企業コンテンツが散らばってしまっていることに他ならない。データやコンテンツの分散こそがDXを妨げる最大のものの1つなのである。

 今こうした課題を一気に解決できる「ハブ化」のコンセプトが見直されている。中でも、長年にわたって管理、活用がし切れてこなかったファイルやコンテンツといった非構造化データにそのコンセプトを適用し、取り組む企業が増えている。DX推進企業が注目する「コンテンツハブ」と呼ばれるものだ。

 以前より、RDB管理の構造化データ中心の業務フローや基幹システムでは取り組まれていたデータハブやデータウェアハウス、データレイクといったことと同様の取り組みを非構造化データで行う「コンテンツハブ」とは何か。難しいと言われてきた非構造化データの管理、活用がなぜ可能になるのか。3つのポイントからその実態やメリットに迫る。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。