業務や場所の多様化によりPCのニーズも多様化した

 新型コロナウイルス感染症拡大が始まって2年が経過し、ようやくその出口が見えはじめつつある。これに伴い、自宅、オフィス、サテライトオフィスといった、場所を問わず業務内容に応じて働く場所を選択する「ハイブリッドワーク」という新しいトレンドを生みつつある。

 これを裏付けるのが「日経クロステック Active リサーチ Special」で実施した「ハイブリッドワーク意識調査」である(調査期間:2021年12月16日~2022年1月17日/回答数:557)。これによれば「オフィス勤務と在宅勤務のハイブリッド」となっている企業が54%に達しており、社員の希望により選択可能を含めると、63%に上っている。特に「従業員規模が500人以上の企業」では、ハイブリッドワークの割合が高い。

 ハイブリッドワークが本格化するにつれ、使用するPCを改めて見直したいという動きも始まりつつある。つまり、働き方に応じて最適なPC選択をしたいという要望が高まっているわけだ。まず挙げられるのは「できるだけ軽いモバイルPCがいい」というケース。オフィスと自宅の往復ではやはり、携帯性の高いモバイルPCを考えている社員も少なくない。先の調査でも、業務用PCについて「小型で軽量なPC」特に「1.0kg未満」のPCを求める声が多くなっている。

 一方で、より生産性を志向したPCを求めるニーズもある。今ではWebミーティング中に資料を投影したり、複数のアプリケーションを同時に使ったりする機会は珍しくない。この場合、単に軽量なだけのモバイルPCでは不便を感じる場面が増えてくる。機能やマシンパワーが足りない、あるいは画面のサイズが小さいといったことで、業務の効率が低下してしまうからだ。

 既に全社員に、画一的な PC を提供していた時代は過去のものになり、働き方に見合ったPCの提供が社員の生産性や、満足度に直結する時代に移行したといえるだろう。これに応じるように既にノートPCの最新モデルでは、新たなニーズに対応した製品も続々と登場している。次ページ以降では、その最新機能や活用メリットについて紹介していく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。