Windows 7からWindows10へ。次に選ぶPCが生産性を左右する

 Windows 7のサポート切れが目前に迫ってきた。残りあと数か月、2020年1月14日に「延長サポート」が期限を迎える。

 Windows 7を使い続けることのリスクで大きいのは、何といってもセキュリティだ。サポート期間が終了すれば、新たなパッチやアップデートが提供されず、最新のセキュリティ環境が維持できなくなる。要は数カ月後に、進化するセキュリティの脅威に「無防備」になってしまうわけだ。

 OS以外の問題もある。サポートが終了したOSに対しては、ハードウエアやソフトウエアのメーカーも各種サービスを提供しなくなる可能性が高い。

 こうしたことから、Windows 10への移行を考える企業も多いが、その際に重要となるのが「どのデバイスを選ぶべきか」という点だ。ここでどのようなPCを選ぶかによって、次にPCをリプレースするまでの数年間、社員の生産性が大きく変わってくるからだ。

 ここでありがちなのが「デスクトップPC」もしくは「モバイルPC」のどちらかを選ぶという考えだ。もちろん、オフィスでのデスクワークが中心であれば画面サイズが大きいに越したことはない。ただし、デスクトップPCは自分のデスクに固定されたままだ。ちょっとしたミーティングに出席する際の持ち運びも不便だと感じるだろう。

 それではモバイルPCはどうだろうか。機動性に優れていることから、近年は働き方改革の一環としてモバイルPCを選ぶ企業も少なくない。しかしここにも問題がある。モバイルPCは画面サイズが小さいため、デスクワークにおける生産性はどうしても下がってしまう。Excelの表を見ながらPowerPointでプレゼン資料を作る際に「複数のウインドウを1つの画面に映し出せたら、どんなに仕事が捗るだろう」と感じたユーザーも多いはずだ。

 一見すると、どのようなタイプのPCを選んでも、特定のビジネスシーンでは「窮屈な働き方」を押し付けることになる。しかし、実は予算が1人10万円程度でも「モバイルワークの機動性」と「デスクワークの快適性」を両立させる選択肢がある。次ページ以降では第3のアプローチについて紹介していきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。