ビジネスVR/ARの活用で考えておくべき注意点とは

 ここ数年でデジタル映像技術は長足の進歩を遂げた。アミューズメントパークやエンターテインメント施設などでも、VR/ARコンテンツを用いたゲームやアトラクションが続々と登場している。さらに、こうした動きは、企業のビジネスや観光分野にも波及しつつある。製品の組み立てや設備保守に3DCGを利用したり、歴史的な遺構や建物などをバーチャルで復元したりといった取り組みが進んでいる。おそらく今後もいろいろな分野で、最新の映像技術を駆使したサービスが生まれてくるだろう。

 ただし、VR/ARコンテンツを活用する際は、注意すべきポイントも存在する。それはハイクオリティーな映像を描き出すハードウエアの構成だ。コンテンツを動かすには、言うまでもなく高性能なプロセッサーやハイエンドのグラフィックス機能が不可欠となる。一般的にこうした環境を構築するには、タワー型のワークステーションを利用することが多いが、それなりの設置スペースが必要になる上に、メンテナンス性も下がってしまう。コンテンツ自体の魅力を高めることももちろん重要だが、サービスを支えるシステム基盤にも十分な目配りが求められるわけだ。

 そこで注目したいのが、国内最大規模を誇る“海の総合コンサルティング企業”である日本海洋科学の取り組みだ。同社では、海事、海外造船海運、船舶運航、船舶建造・保守、海事教育訓練など、幅広い領域にわたるコンサルティングサービスを提供。その一環として、船舶操縦の教育・訓練に用いられるVRコンテンツをベースにした「操船シミュレータ」の開発・提供も行っている。

 ここでは、船体の動きや風、波、潮流の影響などを詳細に計算。その結果をフルハイビジョン~4K対応の高精細映像で表示することで、実際の船舶の航行環境をリアルに再現。海洋関連の各種機関や学校にも数多く導入されており、新人船員の教育や安全運航のための取り組みなどに役立てられている。次ページ以降ではこの操船シミュレータのシステムに使用されている仕組みについて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。