ものづくりの現場の課題解決に生かそうと、産業機器のデータをIoTで取得している生産現場が増えている。ただし、データをいかに活用するかという点においては、試行錯誤が続いているのが実情だ。IoT活用の意義として、ロックウェル オートメーション ジャパンの吉田高志氏は「“親方の背中”をデジタル化する」ことを提唱している。
 AR(拡張現実)などを組み合わせ、効率的な技術継承を推し進めるとはどういうことなのか、話を聞いた。

 「IoTでデータを取得することはできていても、解決すべき課題の存在に気づいていない生産現場は、実は少なくないようです」と吉田氏は言う。

 本来であれば、先に課題を設定し、課題に関連するデータを集めるのが正しい取り組み方といえよう。

 しかし、IoTという話題性とともに、製造業で使用される機器のデータを容易に取得できるさまざまなIoTデバイスが登場したことで、多くの企業は課題設定よりもまず、データ収集に取り組んできた。そして今、「データ取得ありき」で大量のデータが集められたものの、その使い方が見えていない現状にある。

ロックウェル オートメーション ジャパン株式会社
ビジネスマネージャー
吉田 高志氏

 課題設定の難しさとは何か。データ取得の方法は、ベンダーの提案やほかの製造業を参考にできても、課題は生産現場によって千差万別であるため、参考にできるものがない。また、課題の重要度や投じることができる費用にも違いがあるため、IoT活用の次のステップは自社で考えなければならない。

 しかし、「ロックウェル オートメーション ジャパンのソリューションなら、課題を探り出す手掛かりをつかんでいただくお手伝いができます」と吉田氏は言う。

 昨今の製造業に共通する課題として、「高度な技術の継承」の存在が大きいと吉田氏は語る。IoTで得たデータとARの活用は、その課題解決に効果を持つという。

必要な情報をオンタイムで提供

 「ものづくりの現場には、『このときはここに気を配るべき』『この状態のときは機械を止めると良い』など、ベテランならではのさまざまなノウハウがあります。そういった属人的ノウハウについて今までの技術者は、“親方的存在”のベテラン技術者の作業を見て覚えてきました」(吉田氏)。

 だが、継承すべき技術が高度化し、変化のスピードも速くなっているうえ、伝える立場であるベテラン技術者の世代の引退時期が迫っている。そこで、IoTとARは「“親⽅の背中”をデジタルで再現するもの」(吉田氏)として、技術継承を進めるための有効な手段となる。

 1つの例として、同社製品のリニア搬送システムを挙げよう。

IoTとARを活用した搬送ライン構築支援の例