データ活用を加速するには一般社員のスキル底上げが必須

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向け、重要度を増す「データ活用」。中核を担うのがデータサイエンティストだ。膨大なデータからビジネスに役立つ洞察を引き出すには、統計学やデータ分析の知識はもちろん、プログラミングなどのITスキルも求められる。これらを具備したデータサイエンティストは市場でも引く手あまたで、世界的な人材獲得競争が繰り広げられている。

 ただ、データサイエンティストがいればデータの価値を引き出せるかというと、そうではない。同じくらい、あるいはそれ以上に重要なのが、一般社員がデータを活用できる下地をつくり上げることである。

 ビジネスでデータを活用するには、そもそも業務上の課題が何かを探ったり、得た分析結果とビジネスをつなげたりする取り組み、さらにはその洞察を実行に移すための仕組みづくりなどが必要だ。これを実行するには、実際に業務を行う一般社員が、データ分析の基礎知識やノウハウを習得しておくことが不可欠なのである。

 このことにいち早く気付いた企業が、一般社員のデータ活用教育に取り組み、成果を上げ始めている。その1社が三菱UFJ銀行だ。同社が人材育成サービスを提供するブレインパッドと取り組んだ「データ分析の民主化」とはどのようなものか。また、それによって同社はどんな成果を得ているのか。担当者へのインタビューからひもといていく。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。