Wi-Fi敷設をただのコストに終わらせないためには

滞在型施設でのICT活用による新たなサービスとは

 スマートフォン、タブレット端末の普及や訪日外国人観光客の増加などを背景に、無料で利用できるフリーWi-Fiの整備が進んでいる。駅や空港などの公共交通機関、観光地、カフェ、コンビニなど、利用者が一定期間滞在する場所でフリーWi-Fiが利用できる通信環境が整い始めている。

 「一定期間滞在する場所」の代表格がホテルや旅館だ。ひと昔前までは、客室にはLAN専用の差し込み口があって、引き出しにLANケーブルが用意されているという形だったが、いまやWi-Fiを無料で提供するのが当たり前の状態となっている。近年急増している訪日外国人客はもちろん、国内旅行者もデータオフロードするため、スマートフォンやタブレット端末を宿泊施設のWi-Fiに接続して旅先での動画をSNSへ投稿したり、動画閲覧に利用したりしており、快適なWi-Fi環境の整備は宿泊施設にとって不可欠だ。

 宿泊施設の事業者にとってみると、このことは、もはやWi-Fiは差別化要因になっていない、ということを意味する。利用者に選んでもらうためのプラスアルファの設備ではなく、選択肢から外されないために必要な設備となっているのだ。そう考えてみると、極端に言えば、Wi-Fiの敷設や運用にかかる費用はただのコストでしかなくなる。宿泊料金に上乗せできればよいが、競争環境が激化している現在、それも難しいだろう。

 せっかくの投資をただのコストで終わらせないためには、Wi-Fiを活用して施設内で働く従業員の業務効率化に結び付けたり、さらに魅力ある宿泊客サービスにつなげたりすることが必要だ。ホテルや旅館の中には、既にそうした取り組みを進めているところもある。

 次ページ以降で、そうした活用法を紹介していく。ホテルや旅館に限らず、利用者が一定期間滞在する前述の施設や病院などの運営者にとっても、きっと参考になるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。