工場や建築現場、冷凍倉庫など、厳しい環境で使えるノートPCとは

 総務省によると日本の生産年齢人口は、2015年から2030年までの間に754万人減少するという(総務省:平成29年版 情報通信白書より)。労働力不足はあらゆる産業に共通する深刻な課題だが、中でも大きな影響を受けているのが「フィールド業務」である。

 フィールド業務とは、工事前の測量調査やメーターの検針、工場・プラントや建設現場、配送・設置、定期メンテナンスや修理など、現場に赴いて作業を行う業務のこと。既に労働力不足で人材の確保が困難になりつつある上、今後は熟練者の高齢化により、技術継承も難しくなっていくだろう。

 そうした状況に備えるには、現場のデジタル化を図り、生産性を上げていくしかない。だが、それも一筋縄ではいかない。フィールド業務は総じて過酷な環境であることが多く、通常のPCやタブレット、スマートフォンでは簡単に壊れてしまうからだ。振動や埃でハードディスクや液晶が故障することはその一例だ。配送業務であれば、炎天下の日にトラックの中に数時間放置されたり、工事現場なら突然のゲリラ豪雨にさらされたりすることもあるだろう。

 こうした中で、「堅牢ノートPC」というジャンルが多くの企業から注目を集めている。これは、凍っても、濡れても、落ちても壊れない、非常に優れた耐久性を持つPCを指す。堅牢PCは以前から、軍事用や救助現場、海上や山岳地域など、特殊な用途で使われてきた。しかしここ数年は、コストパフォーマンスや操作性の向上もあって、建築現場や工場、冷凍倉庫をはじめ一般企業や組織においても、生産性を向上させるツールとして注目を集めている。実際、ワールドワイドでも出荷台数は右肩上がりで増えているという。

 堅牢PCによってフィールド業務はどう改善され、どのような働き方が可能になるのか。次ページ以降では、実際に生産性を上げた事例や、堅牢PCの最新トレンドについて紹介したい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。