パンデミックの前後で変化した働き方や考え方の変化とは

 世界各国で猛威を振るった新型コロナウイルスは、今も人々の生活や仕事に多大な影響を及ぼしている。日本でも緊急事態宣言の前後に多くの企業がテレワーク(在宅勤務)にシフトした。中小企業でも、慌ててDell XPSシリーズをはじめとしたノートPCを従業員に配布したという企業も少なくないだろう。もちろん、ノートPCを配布することは、テレワークの前提条件とはなるものの、それだけでは不十分だ。実際に在宅勤務中に、IT環境で様々なトラブルを抱えた企業は少なくない。Z世代のクリエイティブディレクターで、会社経営者としての顔も持つ辻 愛沙子氏は、初めて経験した本格的なテレワークを通して、働き方や考え方にどのような変化を感じ取ったのだろうか。

辻さんはクリエイティブディレクターとして活躍する一方、2019年10月には所属されるエードットのグループ会社として「arca(アルカ)」を立ち上げ、社長も務められています。今回のパンデミック前後でテレワーク環境は既に導入されていたのでしょうか。

辻氏:もともと私が所属しているエードットというグループや、昨年立ち上げたarcaも、会社というより“個”の色が強い人たちが集まっている集団なので、「何時に全員がオフィスに来て、この席に座っている間を業務とみなす」みたいな仕事のやり方はしてきてはいないんです。打ち合わせなどでも“出張中の1人がテレビ会議で参加します”といったケースは多々ありました。もちろん、パソコンやタブレットなどは普段から仕事道具として当たり前に使っています。

 ただ今回のように、全員がリモートで、離れた場所から打ち合わせをしたり、プロジェクトを進めたりするようなことは、正直経験したことがありませんでした。いきなり自宅でテレワークをしなければならない状態になったことで、デザイナーならペンタブレットが自宅にはないとか、職場ではオフィスデスク、イス、で仕事しているけど、自宅ではテーブルにノートPCだから、長時間だと腰が痛くなって…といった話はありましたね。

株式会社arca CEO,Creative Director 辻 愛沙子氏
1995年生まれ(24歳)。慶應義塾大学SFC/在学中に 2017年4月株式会社エードット(カラス)に入社。さらに2019年10月にエードットの子会社、株式会社arca(アルカ)を立ち上げ、代表取締役社長(CEO)に就任。2019年10月30日から日本テレビ「news zero」水曜日にもレギュラー出演。現在はarcaのCEO/クリエイティブディレクターとして、「社会派クリエイティブ」を掲げ、広告クリエイティブのノウハウを駆使して社会課題の解決を目指す活動を展開している。

新型コロナウイルスの発生に伴い、会社のテレワークの状況やご自身の働き方はどう変化していったのでしょうか。

辻氏:私は毎週水曜日に報道番組「news zero」に出演させていただいていますが、ちょうど集団感染が起きたクルーズ船の情報が、番組の中で刻一刻と変わっていく状況を目の当たりにしていました。それを受けて自分たちの会社も、どの時点でテレワークに踏み切るのかといったことを話し合い、緊急事態宣言が出るタイミングで、エードットグループ全体でテレワークに入ることになりました。ただ、どうしてもデザインの出力が必要だったり、クラフト作業(※)をしなければならなかったりと、私も含めて最低限、オフィスに行かざるを得ないことが度々ありました。

※ 微妙な色味の確認や大判印刷をするため専用機を使用するケースや紙の裁断やプロトタイプの作成など、手作業が必要なケースのこと

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。