ますます高まり続けるデジタル資産の価値

 データは貴重かつ重要な資産である。既に多くの企業の共通認識になっていることだろう。しかも、これからのDXの進展によって、今後その価値はさらに高まっていくはずだ。ある調査によれば、データも含む「デジタル資産」の経済的価値は、2023年には全世界のGDPの50%以上を占めるともいわれている。

 膨大で、今も増え続けているデータのうち、大きな割合を占めているのが写真や動画、音声、各種アプリケーションのファイルなどの非構造化データである。世界中のデータに占める非構造化データの割合は実に80%にも達しているともいう。大企業、中堅・中小企業を問わず、データをビジネスに生かしていく上で、この非構造化データをいかに有効活用するかという視点は欠かせない。

 では、非構造化データの有効活用はどのように進めるべきか。非構造化データを取り巻く状況を、保管、管理、活用のための重要なインフラとなるストレージの要件に落とし込んでみよう。

 1つ目はデータの増加に対し、シンプルに対応できること。データの増大とともに複雑さが増してしまうようでは、運用管理に手間やコストがかかるようになり、データのポテンシャルを引き出すことが難しくなる。

 2つ目は、多様性への対応だ。もともと非構造化データの多くはデータセンターの外部に存在しているが、IoTの活用などによって、発生源はより多様化している。このような状況に対応するには、エッジからクラウドまで、多様なワークロード(アプリケーション利用)に対応できなければならない。

 最後の3つ目は、ストレージ自体が単なるデータ保管・管理機器としてだけでなく、活用の基盤になることだ。例えば、データの配置や利用状況などを分析して、実用的な洞察を提供。どのデータに価値があるのか、どのデータをどこに配置すべきなのかの判断をサポートするのである。

 これからのストレージには、これらの要件を求めたい。では、具体的にどの製品であれば要件を満たせるのか。大きな期待が寄せられているのが2020年6月24日に発表された「Dell EMC PowerScale」である。以下では、その特徴や強みを見ていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。