深く根付くハンコ文化から脱するために

 働き方改革や電子化によるペーパーレス、業務効率化の必要性が叫ばれるようになって久しいが、日本社会のIT化は遅々として進まなかった。それが、新型コロナウイルス感染症の影響で否応なく背中を押されている。

 リモートワークや在宅勤務が急速に普及し、感染対策としての効果はもちろん、仕事の効率や生産性が上がったという声が聞こえる。その一方で、書類の押印のためだけに出社せざるを得ないという状況が生まれ、日本独自のハンコ文化の問題が顕在化した。

 そこで、今注目を集めているのが電子サインである。押印を電子サインに置き換え、デジタルで完結できるようになれば業務効率の大幅な向上を見込める。さらに、契約書や証明書類などをデータとして保存できるので、紙の保管や廃棄に伴うコストの削減、取り違えのリスク軽減も期待できる。

 電子サイン導入にはセキュリティが障壁になるが、改ざんやなりすまし対策に有効な電子サインソリューションがあるのをご存知だろうか。筆跡やペンの動き、筆圧、筆順などの筆跡情報を取得し、セキュリティを担保しているという。同ソリューションを導入し、既に多くのメリットを享受している行政、医療機関などの事例を通じて紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。