ついに始まった建設・土木業界のデジタル化。その背景にあるものとは

 デジタル化が遅れていると言われ続けてきた建設・土木業界。数年前からi-Constructionの推進やBIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)が叫ばれてきたが、業界全体にデジタル化が浸透しているとは言い難い。しかしこのような状況も、徐々に変わりつつある。その1つの要因となっているのが、働き方改革に対するニーズの高まりである。

 2020年に予定されていた世界的スポーツイベントに向けて、幅広い業界が数年前からテレワークを中心とした働き方改革に取り組んできた。イベント自体は延期になったものの、今年に入ってから感染症が世界的に拡大。これに伴いテレワークが一気に加速した。この流れの中で建設・土木業界でもデジタル化が進みつつある。

日経BP総合研究所
フェロー
桔梗原 富夫

 建設・土木業界のデジタル化については、もう1つ重要なポイントがある。それはデバイスの進化だ。この業界では、高い処理性能が必要な3次元CADや各種エンジニアリングツールを利用するため、設計者やエンジニアのほとんどはデスクトップ型のワークステーションで実行されていた。しかし最近では、高機能で持ち運びが用意なモバイルワークステーションが登場し、大きな注目を集めている。

 それでは建設・土木業界におけるテレワークは、どの程度まで進んできたのか。そしてそれを支えるモバイルワークステーションの進化により、外出先・在宅でどんな業務が可能となるのか。建設・土木業界のデジタル化に詳しいキーパーソンに、日経BP総合研究所 フェローの桔梗原 富夫が話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。