テレワークによる接続増でVPNの弱点が露呈

 テレワークが暫定的な措置から、新常態のワークスタイルとして定着しつつある中、多くの企業が新たな課題に向き合うことを余儀なくされている。

 その一つが、ネットワークおよびセキュリティの見直しだ。

 あらゆる場所や端末から、多種多様なクラウドサービスへのアクセスが行われる現状、「従来のVPN経由のWebアクセスに関しては、本社ゲートウェイへの接続集中による帯域ひっ迫、接続遅延による生産性低下といった問題が多く発生しています」と指摘するのは、企業のICTプロダクト・サービス導入を支援するSB C&Sの竹石渡氏だ。帯域確保のためにVPN増強を計画するも、コスト負担やIT人材確保も頭の痛い問題である。

 実際に、新たなチャレンジに直面している業務もある。コールセンターやヘルプデスクの対応だ。

 日本に進出する海外ITベンダーを中心に技術支援サービスを展開する日本サード・パーティ(以下、JTP)で、ソリューション開発や情報システム室の責任者を務める為田光昭氏は以下のように明かす。

 「当社では長く顧客のコールセンター業務を受託してきた経験値を生かし、人手不足を解消するべくAIを活用したコンタクトセンターソリューションなどを提供してきました。そこにコロナ禍が加わり、在宅でサポート業務を行うリモートオペレーション構築を求める声が多く寄せられるようになっています」

 「iboss」の特長、生み出すメリットについて、JTPの事例を基に探っていく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。