会社PCの自宅使用がもたらす「2つのリスク」とは

 緊急事態宣言以降、多くの企業が導入したテレワーク。しかし急遽導入することになったため、十分な準備が行えなかった企業も少なくない。事実、会社のオフィスで使っていたPCをそのまま自宅に持ち込むことで、暫定的なテレワーク環境を作ったケースも多かったはずだ。

 ただし、今後も継続的にテレワークに取り組んでいくのであれば、もっとしっかり整備する必要がある。そもそも会社のPCをそのまま持ち出して使うことには、大きく2つリスクがあるからだ。

 第1はセキュリティリスク。会社のPCには社内の機密情報が保存されている可能性が高く、これが社外のネットワークに接続されることで、情報漏えいにつながる危険性がある。

 第2は管理に関するリスクだ。特に気になるのが、IT管理者の手の届かない場所にあるPCに、本当に適切なタイミングでパッチなどを当てられるかという問題だ。また、自宅のインターネットアクセスを有線ではなく無線のWi-Fiルーターで行っている従業員の場合には、そもそも回線容量が足りないためにOSアップデートが行えない、といった問題も生じる。特に若い従業員の間では有線よりも無線、といった傾向があるため、こうした対応も大きな課題になるだろう。

 こうした課題に有効なのが、VDI(仮想デスクトップ)への移行である。これはサーバー側(データセンター側)でクライアントOS(仮想デスクトップ)を稼働させ、その画面などのUIに関するデータだけを端末(シンクライアント)側に転送する仕組み。そのため端末側にデータが残らず、情報漏えいリスクを最小化できる。また、OSやアプリケーションはサーバー側にあるため、端末がどこにあろうとも、パッチ適用などの管理を集中的に行うことが可能だ。

 ただし、VDIの導入には注意点もある。「レスポンスが遅くて仕事にならない」といった不満が生じれば、クレームや問い合わせが集中し、IT部門は改善に向けての対応に追われる羽目になる。こうしたリスクを避け最適な形でVDIを導入するには、どのようなことに注意すべきなのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。