長期テレワークで注目を集めるLTE対応パソコン

 緊急事態宣言以降、既に珍しくなくなったテレワーク。今後もノートPCを社外に持ち出してテレワークを行うというスタイルは、さらに定着していくだろう。

 ただし、短期ならともかく長期でテレワークをしていくのであれば、注意したいのが通信環境である。これまでほとんどのノートPCは、通信機能としてWi-Fiを使うことを前提としていた。そのため社外ではその場所で使えるWi-Fiアクセスポイントを利用するか、モバイルルーターを持ち歩いて使うケースが一般的だったはずだ。しかしこのような使い方は、大きく4つの問題をはらんでいる。

 第1は利便性の問題である。PCで作業するたびにWi-Fiアクセスポイントを探したり、モバイルルーターの電源を入れたりするのでは、作業を始める前にワンクッション入ってしまう。そのため外出先でスキマ時間を活用しようとしても、なかなかうまくいかない。また、Wi-Fiルーターを持ち歩いた場合には、これを落として紛失してしまう危険性もある。

 第2はセキュリティの問題だ。フリーWi-Fiの中には悪質なものもあり、そこにアクセスすることで認証情報を盗聴されたり、マルウエアに感染したりする危険性がある。

 第3は管理性の問題だ。社外に持ち出す端末の管理は、基本的にリモート管理となる。しかし通信手段がWi-Fiだけでは、常に通信可能な状態ではないため、管理できない時間帯が生まれてしまう。

 そして第4が、利用者にとってコスト負担が生じる可能性があることだ。最近ではほとんどのことがスマートフォンだけで行えるため、自宅にブロードバンド回線を引いていない人も増えている。このような社員が自宅で業務を行おうとすれば、どうしてもスマートフォンのテザリングに頼らざるを得ない。その結果、通信量が跳ね上がってしまう。映像を使用したWeb会議でも行おうものなら、その消費量はかなりのものになるだろう。

 これらの問題を解決できるものとして注目されているのが、LTE対応PCである。これを活用することで具体的にどのようなメリットが生まれるのか。その活用法や製品選択術も含めて見ていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。