数年前からデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が注目され、企業はオンプレミスの社内システムだけでなく、クラウドの活用やSaaSの利用を進めている。新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)対策で、急遽多くのSaaSや電子会議システムを利用し始めた企業もあるだろう。業務で数十ものアプリケーションやSaaSを利用することも珍しくない中、どのようにID管理を行い、信頼できる認証でセキュリティを担保するかが課題となってくる。

 またDXが進む中で、新たな事業を創出し、企業の価値を高めていくことも重要だ。そのためにクラウドを利用して自社サービスを開発し、既存の顧客の満足度向上や、新規顧客の獲得を目指す必要があるが、新たなサービスを開発するときにも、顧客の認証基盤をどう扱っていくかが課題となる。

さまざまなサービスやシステムへの不正ログインや情報漏えいがニュースとなっているが、未だにIDとパスワードのみによる認証しか行っていないサービスも多い。DX、クラウドシフト、新型コロナなどのビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、企業は社員や自社サービスに向けて、どのような認証基盤を提供していかなければならないのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。