働き方改革やデジタルトランスフォーメーション(DX)など、ITやクラウドを活用してさまざまな課題を解決し、業務改革による生産性向上や新規事業の創出にチャレンジし始めている企業は多い。また新型コロナウイルス対策としてテレワークを導入し、SaaSやクラウドなどを活用した働き方に変えている企業も多く、これを機にクラウドシフトやDXを推進していく企業が増えていくことも予想できる。

 これらの流れによって社員の利便性が向上し、より価値のある働き方ができるようになるのは大歓迎だが、懸念されるのはセキュリティをどうやって担保していくかだ。サイバーリーズン・ジャパン株式会社 プロダクトマーケティングマネージャー 菊川 悠一氏は「DXやテレワークが推進されていくことによって、これまで社内で守られていたITが社外に出ることになりました。これを機に今までのセキュリティ対策を見直し、新しい働き方やIT活用に最適なセキュリティ対策について検討しておくことが重要です」と話す。

 ニューノーマルやWithコロナといった環境の変化に対応するために、IT活用を進めていくだけでなく、しっかりとセキュリティ対策していくことも重要となる。サイバー攻撃も増加し、巧妙化されていく中で、本当に有効なセキュリティ対策とはどのようなものなのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。