テレワークの増大でVDIシステムの導入が加速

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業が急きょ「在宅勤務」へと切り替えた。オフィスで使っていたPCをそのまま自宅に持ち込むことで、暫定的なテレワーク環境を作った企業も多かったはずだ。

 しかし、急ごしらえで導入したテレワーク環境は、様々な面でほころびが出てくる。通信環境の問題、ITガバナンスの低下やセキュリティリスクの増大、情報共有やコミュニケーションの問題、端末のスペック低下による生産性低下などはその一例だ。

 Withコロナの時代をにらんだ継続的なテレワーク環境の整備に向け、有効なアプローチの1つとなるのがVDI(仮想デスクトップ)である。

 VDIはデータセンターなどに仮想的なデスクトップ環境を用意して、インターネット経由で手元の端末に画面転送する仕組み。これならクライアントの種類やスペックにかかわらず、一貫して同じデスクトップ環境が利用でき、業務アプリの制限やネットワーク帯域も最小限に抑えられる。

 業務データをVDIシステム側に保持するため、重要な情報資産を保護できる点でも優れている。OSアップデートなども管理者側で一元的に行えるのが特長だ。

 ただし、VDIを導入すれば問題がなくなるかといえば、そうではない。

 例えば、「最初は快適に使用できたが、数年後には性能に不満が出てきてしまった」といったケースはその代表例だ。それ以外にも「ネットワークが不安定もしくはオフラインの状態では使用できない」「当初考えていた以上に費用がかかってしまった」「クラウド型のDaaSを活用したものの、利用できるアプリケーションが制限されて使えない」「デフォルト設定でサービスを開始したが問題だらけで、何とか使えるようにするのに苦労した」といったことが挙げられる。

 こうしたリスクを回避し、VDI導入を成功させるためには、どのような点に注意すべきなのだろうか。国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場において、売上額シェアトップ(※)を走る日立製作所のキーパーソンに、成功に向けたステップについて話を聞いた。

※出典:IDC Japan、2020年6月「国内クライアント仮想化市場シェア、2019年:ゼロトラストモデルへの融合」(JPJ45142620)

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。