クラウド移行に伴うハードルをできるだけ効率的にクリアする

 新しく開発するシステムだけでなく、基幹システムをはじめとする既存システムをクラウドに移行することは、めずらしい取り組みではなくなった。また昨今の世界的な新型ウィルス感染症のまん延によってビジネス環境は激変し、もはや「クラウド化するか否か」ではなく、焦点はクラウド移行に伴う影響をいかに最小化し、「短期間でのクラウド化」を実現するかに移っている。

 しかしながら、オンプレミスとクラウドでは運用管理の仕組みが異なることが多く、クラウドに合わせて運用設計を見直す必要がある。アプリケーションの設計がIaaSのスケーラビリティに適合しない場合には、アプリケーションのコードに手を入れなければならない。ほかにも、利用するデータベースの変更に伴い、改めて稼働テストを行わなければならない場面もあるだろう。

 移行に伴うこれらのハードルを、単にクリアするのではなく、いかに効率的にクリアするかが、情報システム部門には求められているのである。

 では、はたして、それにはどのような方法があるのか。そのための具体的なサービスや発表された新しい進化を紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。