安全・便利なテレワーク環境を低予算・短期間で整備するには

 今や多くの企業が導入・検討するテレワーク。東京都が2020年4月に実施した「テレワーク導入率緊急調査」でも、テレワークを導入していると回答した企業の割合は、2020年3月の24.0%から一気に62.7%へと上昇している。

 ただし、テレワークのためのIT環境をきちんと整備できた企業は、決して多くはなかったのではないだろうか。緊急事態宣言に対応するため、急ごしらえの仕組みでテレワークへと移行し、ユーザーの利便性やセキュリティは「仕方なく目をつむる」というケースもあったはずだ。

 しかし長期的に考えれば、突貫で構築した環境を放置しておくことは得策ではない。今回は予想外の事態からテレワークが広がったが、この流れは決して後戻りすることはなく、今後も広がっていくと考えられるからだ。テレワークがニューノーマル(新たな日常)になる世界では、当然ながらそれを支えるIT環境も、適切な形で整備しておかなければならない。自宅でもオフィスと同じように業務が行える環境を、安全を確保した形で実現しておく必要があるだろう。

 とはいえ、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みのために経済が停滞している現在、セキュアなテレワーク環境整備のために潤沢な予算を確保することは、決して簡単ではない。端末を社員全員に配布する予算がない企業も少なくないはずだ。しかし、テレワークの安全性確保は喫緊の課題だといえるため、じっくり時間をかけている余裕もない。

 人や予算、期限に限りがある企業が、安全・便利なテレワーク環境を整備するにはどうすればよいのだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。