施設移転を機に情報システムの刷新と端末の入れ替えを実施

 「循環器疾患の究明と制圧」を目的として、ハイレベルな研究と最先端の治療に努める国立循環器病研究センター(以下、国循)。脳卒中と心臓血管病の専門的治療と研究を行う世界有数の医療施設である。人工心臓の開発、日本初の脳卒中集中治療室の実現、120例を超える心臓移植の実施など多くの実績を上げている。

 国循の創設は1977年6月。施設は設立から40年以上が経過し、老朽化が進んでいた。そこで広大な敷地を有するJR東海道本線の吹田操車場跡地に移転。新しい国立循環器病研究センターが2019年7月1日にオープンした。

 この移転に合わせて実施したのが、情報システムの刷新である。最先端の研究と医療を推進するためには、その活動を支える情報システムも先進のものでなければならない。「情報ネットワークシステム、病院情報管理システム(HIS)、情報システムのほとんどを更新・再構築しました」。こう話すのは国循で情報統括部長/医療情報部長を務める平松 治彦氏だ。

国立研究開発法人国立循環器病研究センター<br>情報統括部長/医療情報部長<br>博士(工学)<br>平松 治彦氏
国立研究開発法人国立循環器病研究センター
情報統括部長/医療情報部長
博士(工学)
平松 治彦氏

 システムは全面的に仮想化し、VDI(仮想デスクトップ)を実現。診療データを統合的に管理するための統合データベースも構築した。さらに毎日使う端末も、システム刷新の一環として入れ替えを行った。

 というのも以前は複数メーカーの端末が混在しており、様々な問題が顕在化していたからだ。

 「以前は誰がどんなアプリケーションやPCを使っているかの特定が容易ではありませんでした。エンドポイントセキュリティとしてアンチウイルスを導入していますが、最新のシグネチャに更新されているか把握できない。端末のトラブルが発生しても、メーカーや機種がバラバラでサポートが大変。そんな状態だったのです」と平松氏は振り返る。

 こうした課題の解消に向けて同センターでは3つの基準のもと、端末を選定した。次ページではその基準とVDIシステムと新端末による効果を紹介したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。