国内HCI市場の成長が止まらない――。

 外部ストレージを使わないシンプルな構成で仮想化基盤を構築できるHCIが現在これほどまでに注目されている理由について、富士通 インフラストラクチャシステム事業本部 統合商品事業部 ビジネス推進部の川窪恒一氏は次のように答える。

 「『2025年の崖』に言及した経済産業省発表の『DXレポート』でも触れられているように、今後、IT人材不足はますます深刻化していくのは明らかです。そのような課題に対する解決策として、従来型仮想基盤に比べて、運用管理負担が軽減できるHCIの導入を考える企業が増えていると考えられます」

 これまで仮想化基盤の型として、多くのシステムで採用されてきた3Tier型は、サーバ、ストレージ、ストレージネットワークを形成するスイッチで構成される。それ故、各々の機器について運用管理スキルが必要になる。しかし、IT人材不足が顕著になる中で、そのようなスキルを持つ人材の確保やスキルを習得させるための教育の実施が悩みの種になっている企業は少なくない。その点、必要な運用管理スキルが限定的で、運用管理そのものの手間も省けるHCIなら、そんな課題を一気に解決できるというわけだ。

 とはいえ、安定稼働している使い慣れたシステムをリプレースするとなると、さまざまな懸念が生じるのは当然のこと。それ故、HCIに対する注目が高まるにつれ、次のような不安や疑問を持つシステム管理担当者が増えているようだ。

「3Tier型構成より性能が低いのではないか?」
「スナップショット運用時にパフォーマンスが低下すると聞いたが、実際はどうなのか?」
「ストレージが専用機ではないので、ディスク故障時の影響が心配」
「複数サーバを連結するが、サーバが1台ダウンしたらどうなってしまうのか?」等々――。

 しかし、川窪氏曰く「これらの疑問や不安は、杞憂に過ぎない」とのこと。

 少なくとも同社のHCIソリューションに関しては疑う余地はなさそうである。実際に、ある機械メーカーでは、富士通のHCI「PRIMEFLEX for VMware vSAN」の導入によって、仮想化基盤を活用した基幹システムのパフォーマンス向上に成功。バッチ処理などの時間を大幅に短縮し、業務効率化を実現しただけではなく、信頼性や可用性、柔軟な拡張性を備えたHCIが大きな役割を果たしているのだという。

 それでは、先に挙げたHCIにまつわる不安や疑問は「PRIMEFLEX for VMware vSAN」であれば問題にならないことを説明していこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。