デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するべく、社内のレガシーシステムを全面的に見直そうという機運が高まっている。だが、その中心は事業に直結する基幹業務システムであり、業務部門のエンドユーザーが開発・運用したアプリケーションは手つかずのままという企業は多い。そのように刷新を進めていくべきなのだろうか。

“野良マクロ”を作らず安全なアプリ開発を業務部門に

 経済産業省が公表した「DXレポート」に登場した「2025年の崖」に危機感を煽られ、多くの企業が複雑化・ブラックボックス化したレガシーシステムの全面的な刷新に取り組み始めている。

 しかし、ビジネスにとって不可欠な主要業務を処理する基幹業務システムの刷新には着手したものの、予算やスケジュールの都合もあって周辺システムの見直しは後回しという企業は少なくない。そうしたDXの取り組みが遅れている周辺システムの代表と言えるのが、業務部門のユーザー自身がアプリケーションを開発・運用するエンドユーザーコンピューティング環境だ。

 現在もExcelやAccessなどのマクロやVBA言語を駆使して作られたアプリケーションを日常的に運用している企業もあるだろう。だが、しばしば“野良マクロ”という言葉で揶揄されるように、そうした独自のアプリケーションの管理を業務部門のユーザーに委ねていたのではガバナンスの面で問題がある。

 さらにインターネットが普及して以降、マクロを悪用して機密情報を窃取したり、アプリケーションの脆弱性を狙ってネットワークを機能不全に陥れたりするセキュリティインシデントはいまも変わらず多発している。またアプリケーションを開発した業務部門のユーザーが異動や退職でいなくなり、そのまま使われず放置された業務ツールは、企業にリスクをもたらす大きな問題だ。

 このようにエンドユーザーコンピューティングによって作られたレガシーアプリケーションの存在は企業にとって見過ごせない問題だ。とはいえ、業務部門のユーザーが開発・運用しているすべてのアプリケーションを、人手不足に悩む情報システム部門が引き取ることは現実的ではない。業務部門のユーザーが開発・運用できる環境を残しつつ、ガバナンスやセキュリティを担保できる仕組みに切り替えていくことが、最も望ましい課題解決策と言えるだろう。

 ExcelやAccessに代わるアプリケーション開発・運用環境は、どのように選べばよいのだろうか。社内のDX推進を加速させる新しい仕組みについて考えてみよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。