データなくしてDXは進まない

 現在の石油にも例えられるビッグデータ。多くの企業が取り組むデジタルトランスフォーメーション(DX)においてもデータは欠かせないリソースだ。BI(Business Intelligence)による意識決定の支援、AIやディープラーニングによる高度な業務の自動化、IoT(Internet of Things)によるサプライチェーンの可視化や最適化など、データが中心となっている事例は挙げればきりがない。

 このことを踏まえると、企業にとって、データマネジメント環境の整備は欠かせない取り組みとなる。最適なデータマネジメント環境を構築しているか、さらには、その環境がどのような特徴や強みを備えているかによって、企業が推進するDXプロジェクトは、目的や仕様の幅、進捗のスピードに大きな差がつくことになるだろう。

 では、DXによる競争優位の確立を支えるデータマネジメント環境とはどのようなもので、それはどうやって構築すればよいのか。次ページからは、それを検証していく。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。