顧客のDX支援に向け、データサイエンスのスキルが必須に

 デジタル技術を駆使して、ビジネスにこれまでにない価値を生み出す――。デジタルトランスフォーメーション(DX)があらゆる企業のミッションとなる中、それに向けた提案をSIerに期待する企業が増えている。

 特に、「データ活用」は、SIerへの期待が最も高まっている領域の1つといえるだろう。高度な活用を実現するには、統計学の知識や分析ツールの操作方法など、専門的なスキルが必要だからだ。プロの支援のもと、他社に先駆けて高度なデータ活用を具現化し、成果につなげたいと考える企業は多い。

 一方、この状況はSIer側にも新たなチャレンジを求めている。

 顧客の期待に応えるには、データサイエンスに精通した人材を潤沢に揃える必要がある。ところが、豊富な知識と経験を持つデータサイエンティストは、今や市場で引く手あまた。獲得することは容易ではない。また、社内で育てようにも、データ活用人材の育て方について十分な知見を持つSIerは少ないだろう。特に、研修については人事部が主導するケースが多くある。高度に専門的な研修プログラムをどのように作成し、どのようなサイクルで回すべきかが課題である。

 そこで今、様々なSIerが注目しているのが、データサイエンス領域に特化した専門企業の研修プログラムだ。今回は、NTTグループのSIerであるNTTコムウェアの事例を基に、その概要や効果などを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。