グローバルな物流会社FedExは、コロナ禍での全社的なテレワークの実現と、業務生産性にも影響を及ぼす複雑なアクセス認証基盤の課題を解決するため、IDaaS(Identity as a Service)「Okta」を導入。5つのIAM(IDとアクセス管理)システムを「Okta」1つで迅速に統合し、社員34万人が36時間で主要なクラウドサービスをテレワークで活用できるようになった。その後拡張を続け、現在はレガシーシステムを含む250以上のアプリケーションを一元的に利用できている。

複雑なシステムが業務生産性やシステム運用に悪影響

 FedExの情報システムは、長年にわたって拡張し続けた結果、非常に複雑化していた。オンプレミスのレガシーシステムもあれば、最新のクラウドサービスもあり、それらが複雑に連携している。複数のクラウドサービスを統合管理するCASB(Cloud Access Security Broker)や安全なリモートアクセスに利用されるVPN(Virtual Private Network)などの他、認証に関わる仕組みもWeb Access Manager、フェデレーション認証、レガシー用LDAP、Active Directoryなど多数が組み合わされており、どこから必要なシステムにアクセスできるかが分かりにくいこともあって、社員は始業時5回程度ログインを繰り返さなければシステムを使えなかった。

 システム開発・運用にも悪影響があり、新たなアプリケーションを加えるたびに連携確認が必要な上、買収した企業を統合する際、システムが足かせとなることもあった。

 そこで、クラウド化を進めるため“道場”と銘打ってWebネイティブアプリの開発や運用方法などを学ぶ取り組みを進め、その結果認証基盤もクラウドへの一本化を決定。IDaaS「Okta」の導入を決定し、移行を進めようとしていた初期フェーズで新型コロナが襲い、取り組みを加速した。

 その具体的な取り組みや成果、このスピード移行を可能にしたOktaについて、次ページ以降で紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。